翔の会

翔の会Today

[リレーコラム] VOL.061

~笑顔で明るいあいさつ~

入道雲 施設長

日高 義史(ひだか よしふみ)

 僕が意識してとても大事にしていることについて考えてみました。 最近、人の話が聞けていないのかな!?と感じたりすることがあります。気をつけるように取り組んでいますが、なかなか今まで自分に染み付いた習慣と言うものは、取り除けないものです・・・。

 自分たちが、支援していく上で利用者の方の声に耳を傾けたり、ご家族の方のお話を聴いたり、話やすい環境を作り、意見や思いを前向きに汲み取っていくこともとても大事な支援だと思っています。でも、出来ていないのかも・・・と自分の支援姿勢を振り返って日々反省をしています。

 そこで、支援の姿勢や考え方はもちろんですが、まず出来ること・・・意識して明るく笑顔で挨拶を交わしていく事をこころがけるようにしました。誰もが、話しやすい雰囲気や耳を傾けてもらえると思われることが大事だと考えました。

 無意識の挨拶と意識をした挨拶では、相手の受け取り方はまったく違うと思うのです。 意識した挨拶(笑顔)でメンバーさんが話しやすくなり、思いや気持ちを話してくれるかも知れません。働いている職場の雰囲気も良くなり、多少の大変さは、チームワークで乗り切れるかもしれません。その事でメンバーさんの思いを汲んだ支援につながるかもしれません。たかが挨拶、されど挨拶だと思いはじめています。利用者さんの声に耳を傾ける、そんな姿勢で取り組んでいきたいと心がけています。


 新年度のスタートです。まずは、意識した笑顔で明るい挨拶を一緒に取り組んでいきませんか!?

社会福祉法人翔の会

〒253-0008 神奈川県茅ヶ崎市芹沢786 TEL:0467-54-5424 FAX:0467-54-5498

Copyrights (C) syonokai All Rights Reserved 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。