翔の会

翔の会Today


2018年度法人職員全体研修会を実施しました。

 5月20日に法人職員全体研修会を実施しました。
 
 法人職員全体研修会は、法人の全職員で法人の理念、目指すべき方向、今年度の取り組みについて確認を行なうための、法人の年度初め最初の研修です。
今年度の事業計画、ごちゃまぜーしょん(地域共生・多様性)の推進の話しの後
、湘南東部総合病院の認知症疾患医療センター長、野口ドクターより、若年性認知症の基礎知識について基調講演をいただき、その後、地域在住の若年性認知症当事者のご家族から、日々の若年性認知症患者の介護や家族の中で抱えている問題についてお話しを伺いました。僅かですが認知症について理解を深めることができました。
 
 今年度はイベントを企画した3名の職員にチャレンジ賞が授与されました。
①「トネリコだいしゅうごう」
1/27~31の5日間でSTUDIOトネリコ(生活介護事業)の職員が茅ヶ崎市内の古民家を借りて、
既存の美術・デザインの枠にとらわれない、独自の視点をもったアール・ブリュットの作品展を開催しました。

②「アラヤシキの住人たちの上映会」
5/27にPCグランマ(就労移行支援事業)の職員が市内の「湘南やぎの里」という施設で、地域の人が集まって野外上映会を行いました。当事者を始めとする、地域の親子連れや、民生委員、ミュージシャン等々、様々な方々が参加・交流されました。

③「チャリ部の設立・親睦」
6/3ブルーベリー(生活介護事業)の職員が法人内の職員に声をかけ、自転車(ロードバイク)で走る部活動を立ち上げ、職員間の親睦を深めました。

 また、今年も勤続表彰も行い、今年度は10年勤続者が19名、20年勤続者が5名でした。

社会福祉法人翔の会

〒253-0008 神奈川県茅ヶ崎市芹沢786 TEL:0467-54-5424 FAX:0467-54-5498

Copyrights (C) syonokai All Rights Reserved 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。